昭和43年に開業した、地下鉄三田線(当時の名称は6号線)用に製造された車両で
当時、東武東上線および東急線との乗り入れを計画しており
特に東武の汎用車両である8000系に準じた構造になっている。

目黒延伸時に、東急線内へ南北線と共同で乗入を開始するに当たり
保安装置を3社で揃える必要が発生し
この車両を改造し、対応する場合と
新たに車両を製造する場合との予算が 
ほぼ変わらないことが判り、三田線からは全車除籍された。

現在は、秩父鉄道、熊本鉄道、インドネシア鉄道会社で活躍しているほか
東京消防庁で訓練用に活用されている。

tokyo26

tokyo27